タイでの人材材紹介 求人・求職・転職・雇用・就職・お仕事 ご相談下さい!
タイでの人材材紹介 日本コンサルティングリクルートメント
  求人・求職・転職・雇用・就職・お仕事 ご相談下さい! タイ語への切替
求職希望の方 求人希望の方 関連ホームページへリンク サイトマップ タイ語への切替
人材紹介 日本コンサルティングリクルートメント
トップページ
お仕事をお探しの方
人材をお探しの方
会社概要
マップ・アクセス
サイトマップ
タイ語へ切替
 
バンコクの歯科医師久米のデンタルコラム

 
虫歯にも急性と慢性が [疾患]

 
急性疾患と慢性疾患という見方から 病気に急性と慢性があるように虫歯にも急性の虫歯と慢性の虫歯があります。
急性の虫歯は色が茶色で進行が早いものです。
それにたいして慢性の虫歯は黒い色で進行はゆっくりとしたものです。
子供の虫歯はだいたい急性で進行も早いものです。どれぐらい早いかというと、上下左右全部に虫歯のある子のとき、日本では1週間に1回の予約で来てもらっていたとき、一番最後回しになった歯がどんどん大きくなっていくのがわかるほどです。
そこで急性の虫歯は1週間単位で大きくなるのがわかるほど進行が早いという印象を持っています。
(ちょっと大袈裟ですが)これにたいして、慢性の虫歯は年単位でも進行がわからないぐらいのスピードです。
皆さんの中にも鏡を見れば奥歯の溝が黒くなっているかたがいらっしゃると思います。何年もそのままだという方が多いのではないでしょうか。
実は私の歯にもありますが10年以上ほったらかしですが異常なく大きくなる気配もありません。
だから歯に黒いところがあっても何もしない歯医者さんも多くいます。よく「20歳すぎれば虫歯はあまり心配しなくていいんです。」
と歯医者らしくないことを患者さんに言っています。
(小さな虫歯の場合だけです。拡大解釈はしないでくださいね。)
じゃ、20歳過ぎれば虫歯ではなく何を心配すればいいのかと言うと歯周病です。この歯周病、もちろん急性の歯周病もあるのですが大抵は慢性です。
慢性であるがため、痛みなどなく徐々に進行していくため気がつくのも遅れがちです。
歯は歯茎に埋まっているものだと思っておられる方がいらっしゃいますが(かなり多い)、歯を支えているのは骨です。外から見ても歯茎にたいした変化がなくても、その下では骨が徐々に失われているというのが歯周病です。痛みもありません、歯茎にもたいした変化がありません。
(本当は歯茎の色が赤いとかブョっと腫れていることが多いのですが、この歯肉炎をきにしているかたは非常に少ない。)急性の疾患のように痛みでもあれば気がついていただけるのに、慢性疾患のため長期間対処されずに放置されてしまい、気がついたとき(歯がグラついて力強く噛めなくなって気がつく)には手遅れ(抜歯)だったりします。
一般に急性の疾患は症状が激しいため話題になりやすく、反対にあきらかな症状のでにくい慢性疾患は問題にされにくい傾向にあります。
気がつかなかったり、症状がないため真剣に対応するのが怠られがちになるので、この今何の問題も感じない問題にたいして積極的に取り組む気持ちのあるなしが歯周病予防のポイントとも言えます。

@痛みや歯のグラつきがなくても積極的な検診を受ける。
(自分では悪いと具体的に感じていないのに歯医者にチェックしに行く。なかなか行く気になるもんではないですね。でも。)

A歯周病予防の成因を知ってその原因の対策を行う。
(日頃やっていないようなことを始めるわけです。習慣といっていいようなことまで変えるのですからこれも簡単そうで簡単ではありません。)

急性症状のある虫歯にたいして痛みなどのない慢性疾患の歯周病対策が難しいのは簡単に想像つくかと思いますが、それに加え毎日の生活や習慣まで変えなければならないこともあったり、行って楽しいところでもない歯医者なんかにいってチェックしてもらわなければならないのです。
初診で「どうされましたか?」とうかがって「何でもないんですが定期的にチェックしてもらいにきました。」というかたは虫歯だけでなく、このやっかいな歯周病に関しても状態のいいことがほとんどです。
定期的にチェックしているから状態がいいのではなく、この「何でもないのに歯医者に行く」という姿勢や考え方に慢性疾患を予防する秘訣がありそうです。


 
国民健康保険 [保険]

 
国民健康保険が海外で使えるようになったということです。
バンコクにくる前に健康保険の海外での適用について調べていたのですが、「社会保険は使えるが国民健康保険は使えない。」ということでした。
それを聞いたとき、「どうして社会保険が使えて国民健康保険が駄目なんだ?筋が通っていないぞ。」と思ったものでした。
教えてくださった役所の方に質問しても、彼が決めたのではないので、二人で「どうしてでしょうね?」というだけで、素晴らしい政治家でも待つしか解決策はありませんでした。
しかし平成13年1月からこの理不尽な制度が改正されました。以下に市役所から頂いた内容をお伝えいたします。

海外療養費支給申請について

国民健康保険の改正により、仕事や観光で海外に滞在している間にケガや病気で治療を受けた場合でも、平成13年1月から国民健康保険の給付(国内での給付相当分)が受けられるようになりました。
海外で受診されたときには、
(1) 診療内容明細書
(2) 領収明細書
(3) 保険証、印鑑
をお持ちになり国民健康保険の窓口にて申請してください。
日本の医療機関にかかった場合の保険診療料金を標準とした金額(実際の金額が低いときには実費額)から、一部負担金を差し引いた額が、国民健康保険世帯主名義の口座へ払い戻されます。

* (1)、(2)については、それらが外国語で記載されている場合、その翻訳文(翻訳者の住所氏名も記載)を添付して頂く必要がありますので、窓口にて配布の用紙をなるべくご使用頂けますよう被保険者の皆様が海外に渡航されるときは、是非お持ちになってください

****市役所保険年金課保険係 上の内容に少し説明をさせていただきます。

(1)(2)の用紙は市役所(区役所)の保険年金課保険係でもらえて、この用紙を海外でかかった医療機関に書いてもらい、必要なら翻訳を付けて保険証と印鑑を持って申請してくださいということです。
そして、ここからは久米からの情報ですが、申請は月単位で行われます。5月に31回毎日通院しても1枚です。
5月31日と6月1日の二回だと2枚必要になります。
また、この用紙はコピーされたものでもOKです。Faxで送られたものをコピーしてもいいとのです。
もう1点、この申請は2年以内にされないと無効になります。
このことを知らなかったため、国民健康保険は使えませんとあきらめていただいた方が数多くいらっしゃいます。
今からでも申請できますのでご連絡をいただければ書類をお作りいたします。ただし、去年の分は駄目ですよ。



 
Nippon Consulting Recruitment Co., Ltd.
Tel:+66(0)2261-7165 E-mail : info@ncrecruitment.com
32/29 Zone A Unit A, Sino-Thai Tower, 8th Floor,Sukhumvit 21 (Asoke) Rd., Klongtoey Nua,Wattana, Bangkok 10110 Thailand
  作成:インターセクションアジア Intersection Asia co.,ltd. タイのパソコン・コンピューター